生活、仕事、宗教
生活、仕事、宗教

Time Out Hong Kong 提供

香港で最も古い地区の1つであるシャムスイポー(深水埗)は、香港の生活様式の形成にとてつもなく大きな役割を果たしました。東西文化が出会う場所というこの地区の特性は、住まいや目印となる建物の建築様式に影響を与え、香港特有の公共住宅も生まれました。地域社会を作りあげた建物工業最盛期の名残を見て歩きましょう。また、シャムスイポーの信仰の場所もお忘れなく。ほとんどが中国本土からの初期の移民が、故郷で崇めていた神々を祀るために建てたものです。

 


公共の建造物

YHA美荷樓青年旅舍(YHA Mei Ho House Youth Hostel)
YHA美荷樓青年旅舍(YHA Mei Ho House Youth Hostel)

この施設は元々、1953年の大火で住まいを失った5万8000人を収容するために建てられた石硤尾村(セクキプメイ)の一部で、香港の公共住宅政策の開始を今に伝えるシンボルです。建物はユネスコが実施するアジア太平洋文化遺産保全賞の特別賞に選ばれ、今では大衆向けのユースホステルとして使用されています。シャムスイポーの歴史を記念して、この建物の中には、メイホーハウス遺産博物館もあり、1950年代から1970年代にかけての香港公共住宅の発展と生活環境について、展示されています。

所在地: Block 41, Shek Kip Mei Estate, 70 Berwick Street, Sham Shui Po, Kowloon
電話: +852 3728 3500
ホームページ: www.yha.org.hk
寶血會女修院(Precious Blood Convent)
寶血會女修院(Precious Blood Convent)

1929年開設当時、寶血會女修院は、この地区の福祉に重要な役割を担っていました。貧しい人たちのための無料宿泊所兼診療所で、乳児院でもありました。今日では、このネオクラシカルの建物は一般には公開されていませんが、通りからその外観を眺めることはでき、困っている人への慈善と献身のシンボルとなっています。

所在地: 86 Un Chau Street, Sham Shui Po, Kowloon
醫局街170號(170 Yee Kuk Street)
醫局街170號(170 Yee Kuk Street)

Yee Kuk Street 170番地は、唐樓(19世紀末から20世紀初めにかけて中国南部でよく見られたアパート)として知られる第2級歴史的建物です。1920年代に建てられたこの建物の1階部分は、以前は額縁の店で、2階から上が住居でした。店はとうになくなりましたが、香港の古い唐樓に特徴的な建物の窓と、額縁店の楷書体の看板が今も残っています。

所在地: 170 Yee Kuk Street, Sham Shui Po, Kowloon
深水埗公立医局
深水埗公立医局

この病院は 医局通りの名前の由来となりました(「yee kuk」は、広東語で診療所)。第2級歴史的建築であるこの建物は1930年に、同じ通りにあった前の施設が地元住民の医療的需要に足りないと判断されたために建てられました。もう一般公開はされていませんが、みごとなアールデコ建築の外装を見ることができます。 建物の柱は西洋の古典的なモチーフで飾られる一方、バルコニーの手すりは竹を模った陶器のタイルでできています。香港の東西折衷精神の美しい見本です。

所在地: 137 Yee Kuk Street, Sham Shui Po, Kowloon
深水埗警察署
深水埗警察署

深水埗警察署は、ビクトリア・ハーバーの西側を警戒し、社会的経済的に最も困難な時期にあったシャムスイポー(深水埗)で増加していた犯罪に対処するため、1925年に建てられました。5つの建物のうち、1番古いのがブロックC。第2級歴史的建造物で、設計はパルマー&ターナー・アーキテクツ、伝統的な中国建築と当時の西洋の流行を混ぜ合わせています。パゴダ様式の屋根に、列柱とアーチの組合せなどが、そのよい例でしょう。

所在地: 37A Yen Chow Street, Sham Shui Po, Kowloon
SCAD Hong Kong
SCAD Hong Kong

かつての北九龍裁判法院でユネスコにも表彰されたこの建物は、現在ではサバンナ・カレッジ・オブ・アート・アンド・デザイン(SCAD)の香港キャンパスになっています。外観はパルマー&ターナー・アーキテクツが設計建築した1960年当時とほぼ変わっていません。内装は2010年に大学として再設計された時に現代風に改装されましたが、独房や法廷などオリジナルの部分も多く残っていて、今では事務所や講堂として使われています。SCAD香港キャンパスでは、一般向けの見学ツアーを英語と広東語で 行っています。参加する場合は、インターネットかメールで、遅くとも3日前までに予約する必要があります。

所在地: 292 Tai Po Road, Sham Shui Po, Kowloon
電話: +852 2253 8022
ホームページ: visitscadhk.hk
李鄭屋漢古墳博物館(Lei Cheng UK Han Tomb Museum)
李鄭屋漢古墳博物館(Lei Cheng UK Han Tomb Museum)

4つの部屋に分かれたこの墓所は、1955年、公共住宅建設のために丘を整地している際に発掘されました。中に刻まれた文字によると、この墓が造られたのは後漢時代(西暦25~220年)。墓所の中は保存のため一般公開されていませんが、ガラスパネル越しにそのみごとな遺跡の一部を見ることができます。また、発掘された陶器や銅器から、墓所の歴史について学ぶことができます。

所在地: 41 Tonkin Street, Sham Shui Po, Kowloon
電話: +852 2386 2863
深水埗公園
深水埗公園

この記念公園、重要な歴史的遺跡の上にあります。1920年代にイギリス軍の施設であるシャムスイポーバラックがあったこの場所は、日本軍による香港占領中には、重要な戦争捕虜収容所になりました。この静かな緑の空間をそぞろ歩けば、1989年と1991年に建てられた、収容所で命を落とした人たちを忍ぶ記念碑を見ることができます。

所在地: 733 Lai Chi Kok Road, Sham Shui Po, Kowloon
饒宗頤文化館(Jao Tsung-I Academy)
饒宗頤文化館(Jao Tsung-I Academy)

緑豊かな茘枝角(Lai Chi Kok)の丘にある饒宗頤文化館(MTR美孚(Mei Foo)駅から徒歩数分)は、香港の再活性化プロジェクトの成功例です。100年以上前に建てられた大規模な建物にはさまざまな歴史が刻まれています。もともと清王朝の時代(1644~1911年)に税関として建てられたもので、労働者用住居、検疫所、牢獄、伝染病専門の病院として利用された後は、精神医学的リハビリテーションセンターとして使用されていました。現在では文化的なランドマークに生まれ変わっており、企画展、ワークショップ、セミナー、フェスティバル、教育プログラムなどが、落ち着いた雰囲気の漂う敷地内で開催されています。施設では食事をしたり、お土産を買ったりできるほか、歴史的建造物の翠雅山房(Heritage Lodge)(客室数89室)に宿泊することもできます。

所在地: 800 Castle Peak Road, Sham Shui Po
電話: +852 2100 2828
ホームページ: www.jtia.hk

 


労働者の成功

賽馬会創意芸術中心(Jockey Club Creative Arts Centre (JCCAC))
賽馬会創意芸術中心(Jockey Club Creative Arts Centre (JCCAC))

JCCACは、かつては地元の零細企業の工房が入っているビルでした。2008年に改装され、新人、ベテラン、あらゆるアーティストが作品を展示できる、活気溢れるアート拠点として生まれ変わりました。このスペースにはまた、劇場、手芸用品店、それに「ヘリテージ・ティー・ハウス」があり、この9階建てのビルを探検する合間に伝統的なお茶を楽しむことができます。

所在地: 30 Pak Tin Street, Sham Shui Po, Kowloon
電話: +852 2353 1311
ホームページ: www.jccac.org.hk
南昌押(Nam Cheong Pawn Shop)
南昌押(Nam Cheong Pawn Shop)

香港の質業は、1926年に政府が解禁してから大ブームになりました。その頃に建てられた南昌質店からは、かつて香港経済をうるおした頃の繁盛ぶりがうかがえます。第2級歴史的建造物であるこの建物は、入口のサルーンドアや、コインを掲げた逆さこうもりという象徴的な縁起のよい看板など、伝統的な質屋の特徴を数多く残しています。

所在地: 117 Nam Cheong Street, Sham Shui Po, Kowloon
何忠記(Ho Chung Kee)
何忠記(Ho Chung Kee)

小路の奥に隠れたこの小さな店は、もう半世紀以上も亜鉛めっきを施した鉄製品を作っています。今では珍しくなりましたが、こうした製品はプラスチックやステンレスが登場する前は家庭やオフィス用品のおもな材料でした。ここで売られている道具は、すべて店主Hoさんの手作り。今では少なくなった専門職人のひとりです。

所在地: 151 Cheung Sha Wan Road, Sham Shui Po, Kowloon
電話: +852 2380 3943

 


寺院

関帝廟(Kwan Tai Temple)
関帝廟(Kwan Tai Temple)

1891年建築の関帝廟は、九龍で唯一、関羽(三国時代の武将で、武神・財神として崇められている)を祀っている場所です。第2級歴史的建造物のこの建物は、伝統的な嶺南建築のみごとな例で、巨大な銅鑼や関羽の武器・青龍偃月刀(せいりゅうえんげつとう)など、多くの素晴らしい見どころを備えています。ほとんどの日に一般公開をしていますが、関羽の誕生日である旧暦6月の24日に大勢の参拝客が訪れ、特に見ごたえがあります。

所在地: 158 Hai Tan Street, Sham Shui Po, Kowloon
三太子宮と北帝廟(Sam Tai Tsz & Pak Tai Temple)
三太子宮と北帝廟(Sam Tai Tsz & Pak Tai Temple)

同じ敷地にある2つの寺のうち三太子宮は、1898年にシャムスイポーで致死的な疾病のペストが大流行した際、客家移民がその守り神である三太子を祀るために建てたものです。緻密な装飾が施されたこの寺には、清王朝(1644~1911年)後期の文化的遺物が保存されており、第2級歴史的建造物に指定されています。この素晴らしい寺を見学した後は、お隣の北帝廟へどうぞ。こちらは1920年に玄武帝(北帝)を祀るために、地元の漁師たちによって建てられたもので、第3級歴史的建造物に指定されています。

所在地: 196-198 Yu Chau Street, Sham Shui Po, Kowloon
龍慶堂(Lung Hing Tong)
龍慶堂(Lung Hing Tong)

インスタグラムの人気スポットでもあるこの建物は、シャムスイポーの中でもきわめてユニーク。ここには1931年にできた、医療から精神・宗教関係までさまざまなサービスを提供する施設・龍慶堂があります。その色鮮やかな緑のタイルは、両隣の地味なビルとは非常に対照的で、その目を引く外観のてっぺんでは、龍と鶴と鹿が、屋根のフレスコ画から立体的に飛び出しています。

所在地: 92-94 Ki Lung Street, Sham Shui Po, Kowloon
電話: +852 2381 6067
ホームページ: www.lunghingtong.org
(Chinese only)

香港政府観光局は、第三者による製品やサービスの質または目的適合性に関していかなる責任も負いません。また、ここに掲載されたいかなる情報についてもその正確性、適合性または信頼性を代表または保証するものでもありません。

本ガイドの情報は事前通告なしに変更されることがあります。関連製品またはサービスについては提供者にお問い合わせされるようお願いいたします。

本ガイドの情報については正確性を確保するよう最大限の努力をしておりますが、香港政府観光局およびTime Out Hong Kongはここに掲載された内容のいかなる陳腐化、誤りまたは脱漏についても責任を負いませんので、予めご了承ください。

Cookies

By continuing to use this site, you agree to its use of cookies. Find out more about cookies here.

Accept Cookies