大帽山(タイモウサン)

National Geographicから抜粋

 Tai Mo Shan map 海抜957m 、雲に覆われることの多い大帽山は香港の最高峰であり、市内の至る所から目にすることができます。この山は、その高さにもかかわらず、徒歩で登頂可能で、頂上まで曲がりくねって伸びるトレイルがいくつかあります。壮大な景観、雲海、冬の間の霜、色鮮やかな季節ごとの花々を楽しむことができます。

ロータリー・パーク(Rotary Park)
ロータリー・パーク(Rotary Park)

大帽山路(タイモウサンロード)から登山するなら、その前に大帽山国立公園(タイモウサン・カントリーパーク)の入口そばのロータリー・パークの桜の庭園を見学しましょう。台湾から運ばれた桜の木立が印象的で、2~3月初旬にかけて、この場所は桜を楽しむのに最適です。

大帽山国立公園(タイモウサン・カントリーパーク)ビジターセンター
大帽山国立公園(タイモウサン・カントリーパーク)ビジターセンター

大帽山国立公園ビジターセンター付近の大帽山路から山頂に向かうのがお勧めです。 このルートは大帽山の南の山腹にくねくねと伸びる舗装された道を進む、緩やかな上り坂です。ビジターセンターにはエキシビション・ギャラリーがあり、大帽山国立公園の森林や天候変動に関する情報を学ぶ手助けとなることを目指しています。

大帽山と大帽山ルックアウト
大帽山と大帽山ルックアウト

大帽山路を約1.5 km ほど登ると、大帽山展望台(タイモウサンルックアウト)に到着します。天候が良ければ、周辺の中腹や西側の平野の壮大な景観を堪能することができます。秋に大帽山のこの場所を歩けば、見事なススキや香しいアカネが斜面を彩る姿を見ることができるでしょう。

気象レーダーステーション(Weather Radar Station)
気象レーダーステーション(Weather Radar Station)

大帽山の山頂には香港天文台(Hong Kong Observatory)の気象レーダーステーションがあり、その巨大な球形が視界に入ってくると、ほぼ山頂であることを実感できるでしょう。標高950m の位置にあり、香港で最も高い展望台でもあります。晴れた日なら、360度のパノラマを楽しめます。ステーション周辺の斜面はススキで覆われていて、太陽に照らされて黄金色に煌めきます。

旅のヒント:

  • 山頂は風があり、温度は市内より5~6℃ 低いため、予備の衣類を持参しましょう。
  • 春には、運が良ければ山頂から雲海を見下ろすことができるでしょう。こうした現象は、大概雨が降った後や日の出の2時間ほど前に起こります。
  • 大帽山国立公園ビジターセンターからのガイド付きツアーの詳細は以下のリンクをご覧ください:www.natureintouch.gov.hk
  • 野生の植物を捕獲しないでください。

情報

エリア:
荃湾区(ツェンワンディストリクト)
スタート地点:
ロータリー・パーク
終点:
気象レーダーステーション
ハイキング平均時間:
2時間(片道)
距離:
約5 km(片道)
休憩ポイント:
大帽山国立公園に食事処があります。
難度:


平坦で舗装された登り道、トレイルの大部分が未舗装。

アクセス

To the starting point:
From MTR Tsuen Wan Station Exit A, walk to the bus stop on Tai Ho Road North. Take bus 51 to the Country Park stop. The entrance of the country park is on Tai Mo Shan Road.

From the end point:
Return by the way you came to the Country Park bus stop. Take bus 51 to MTR Tsuen Wan Station, where multiple modes of transportation offer access to the rest of the city.

地図上に表示したいアイコンを選んで下さい:

Cookies

By continuing to use this site, you agree to its use of cookies. Find out more about cookies here.

Accept Cookies