オーヘル・レア・シナゴーグ

影響力のあるインドの商人一族サスーン家の3兄弟は、香港のユダヤ教の中心であるオーヘル・レア・シナゴーグの建設に非常に重要な役割を果たしました。オーヘル・レアとは、サスーン兄弟の母の名前です。ジェイコブ、エドワード、メイヤー・サスーンは、シナゴーグが1902年に建設される際、土地を寄付しました。

建物は東ユダヤ式の建築で、2階建て、上の階には女性信者のためのバルコニーがあります。1998年には、ユネスコの賞も受賞した改装が行われ、現在は、第1級歴史建造物として保護されています。

ユダヤ教の礼拝堂であるOhel Leah Synagogueはユダヤ教・コミュニティ・センターの隣に位置し、香港のユダヤ教コミュニティの中枢となる場所である。

香港のユダヤ教コミュニティの歴史は1840年代までさかのぼり、ユダヤ教徒たちの国籍も多岐にわたります。

情報

住所:
70 Robinson Road, Central, Hong Kong Island

アクセス

Take the Central to Mid-Levels Escalator to Robinson Road, then walk towards Castle Road for around 10 minutes.

地図上に表示したいアイコンを選んで下さい:

Cookies

By continuing to use this site, you agree to its use of cookies. Find out more about cookies here.

Accept Cookies