香港海防博物館

お知らせ

香港海防博物館は修復工事のため閉館しています。今後のスケジュールに関してはこちらからご確認ください。

香港は、昔から南シナ海の要所であり、海からの侵攻を防ぐ極めて優れた軍事拠点でもありました。そのため海軍関連の興味深い遺品や資料が豊富に残っています。

現在、香港海防博物館となっている鯉魚門(レイユームン)要塞は、1880年代に英国によって建設され、狭い鯉魚門海峡を見下ろす高台にあります。要塞が最後に戦場となったのは第二次世界大戦。日本軍を相手に、多くの犠牲者を出しつつ勇敢に戦いましたが、ついには要塞を占領されました。

鯉魚門岬に散在する海軍の施設跡は復元され、観光客は遊歩道を歩きながら、英国のコメット巡航戦車、装甲兵員輸送車、10インチ後装銃などを見学できます。

情報

住所:
175 Tung Hei Road, Shau Kei Wan, Hong Kong Island
電話:
+852 2569 1500
ウェブサイト:
www.lcsd.gov.hk

アクセス

MTR Shau Kei Wan Station, Exit B2. Then walk for around 15 minutes.

地図上に表示したいアイコンを選んで下さい:

Cookies

By continuing to use this site, you agree to its use of cookies. Find out more about cookies here.

Accept Cookies