中国茶
中国茶
中国茶

紀元前2737年に神農皇帝によって発見されたと伝えられるお茶は、数千年に及ぶ中国の歴史と深く結びついています。茶葉を乗せた船が香港を経由してヨーロッパに出荷され、これが後の英国紅茶となります。通常、中国茶は中国のレストランで食事とともに提供されます。多くの観光客にとって、最も思い出深い香港の味はフラワーティーやグリーンティーでしょう

香港の人々は、のどの渇きをいやす、消化を助ける、健康のためといった様々な目的に応じて、また食事の一部として、やわらかな香りの菊花茶から複雑な風味のグリーンティーまで幅広い種類のお茶を飲みます。香港は中国本土の様々な省市から多種多様なお茶を輸入しています(福建省の鉄観音、杭州市の龍井茶、雲南省のプーアル茶など)。台湾から輸入している人気のお茶は凍頂烏龍茶です。

薬草茶
薬草茶は、風邪、のどの痛み、あるいは吹き出物などへの初期症状の対処法のひとつとして、香港の生活の一部となっています。多くの薬草茶が体の熱を逃がすと考えられているため、香港の蒸し暑い気候に対処する方法としても浸透しています。 「ビター24バラエティーズ」、ラブ ・ピービン・ティー、ミックス・ハーブティーなどは、人気が高い種類のほんの一部であり、口臭から肝疾患まで様々な症状を緩和するのに有効と考えられています。

従来より、薬草茶は専門店で販売されていました(これらでは生薬も提供していることが多かった)。こうした専門店はいまでも香港に見ることができます。例えばコン・レイ(公利)は1948年以来セントラルで商売を続けていますし、創業100年の春回堂薬行もあります。香港では非常に一般的であるため、薬草茶が入った数多くのペットボトル製品が、スーパーマーケットの陳列棚に世界の人気ソフトドリンクと共に並んでいます。

中国茶を買う
デパート、スーパーマーケット、お茶専門店、カフェなどで手軽に買える中国茶は、特に伝統的な包装紙に包まれていると、素敵な贈り物になります。茶葉は、ルースティー、ティーパック入り、圧縮袋入りなど様々な形式で購入することができ、自然の色、香り、つやに応じてランク付けされます。

Cookies

By continuing to use this site, you agree to its use of cookies. Find out more about cookies here.

Accept Cookies