中国の史跡

元朗(ユンロン)にあるこの保存状態の良い霊廟は、香港の新界(ニューテリトリー)北西部にあるこの近代的な街が、かつては質素な村であったことを思い出させる場所です。

住宅街の成長と商業開発の板ばさみとなったこの祖先を祀った小さな霊廟は、何世紀もの歴史を持ち、最初に新界に定住した一族の生活、文化、そして香港の伝統が垣間見える所でもあります。

その1つが鄧(タン)氏であり、屏山文物徑(ピンサン・ヘリテージトレイル)を歩けば、元朝後期(1271~1368年)から鄧氏が暮らしていた香港の歴史地区を巡ることができます。

1. 聚星樓 (チョイ・シン・ラウ仏塔)

香港最古の仏塔である聚星樓 (チョイ・シン・ラウ)は、1486年に建立されたと言われています。緑色のレンガが使われている3階建ての建物は、六角形で、高さは13メートルあります。仏塔の最上階は、試験の合否を司る神、魁星(フイ・シン)が祀られています。各階には、縁起のよい中国のことわざが彫られています。

Info:
Address: Ping Shan, Yuen Long
Website: www.amo.gov.hk

アクセス

MTR Tin Shui Wai Station, Exit E3. When you arrive at the ground floor, cross Tsui Sing Road and you will see Tsui Sing Lau Pagoda.

2. 社壇 (シュライン・オブ・ザ・アース・ゴッド)

上璋圍(シュン・チュン・ワイ)に入る直前に、社壇があり、これはこの村では「シェ・クン」として知られ、村や家を守るとされています。社殿は通常、シンプルなレンガ造りで神の存在を示す石が積まれています。

アクセス

Follow the Ping Shan Heritage Trail signs from Tsui Shing Lau Pagoda to Sheung Cheung Wai.

3. 上璋圍 (シュン・チュン・ワイ)

200年前に作られたこの城壁村は、緑のレンガ壁で囲まれている左右対称の家々から構成されており、守衛詰所、社殿、昔ながらの家々も一部残っています。壁の一部が欠けているところもありますが、昔の中国の城壁村の様子を知るには十分残っています。

アクセス

Turn left at the Shrine of the Earth God.

4. 屏山楊侯古廟 (イエン・ハウ・テンプル )

坑頭村(ハンタウチュン)にあるこの寺院には侯王(ハウ・ウォン)が祀られています。いつ建立されたかは正確には分かりませんが、改修は1963年、1991年に行われました。この寺院は3つの部屋に分かれており、それぞれ、侯王(ハウ・ウォン)、金花(カム・ファ(妊婦の守護聖人))、土地の神がまつられています。

アクセス

Walk to the old well from Sheung Cheung Wai, the temple will be on your left.

5. 鄧氏宗祠 ( タン・アンセストラル・ホール)

1273年に完成したタン一族の祠堂は、2つの中庭、3つのホールからなる素晴らしい建物であり、この種の建造物の中でも香港を代表するものです。中庭の小道の勾配に注目してください。これは、タン一族の一員が宮中において高い地位についていたことを表しています。

アクセス

Return to the last junction and then turn left. Continue to walk along the road until you see the Tang Ancestral Hall.

6. 愈喬二公祠 (ユー・キウ・アンセストラル・ホール)

第11代のタン一族兄弟が16世紀に建立した、愈喬二公祠 (ユー・キウ・アンセストラル・ホール)は、屏山村の子供達の学校としても使われてきました。造りは鄧氏宗祠(タン・アンセストラル・ホール)と全く同じで、3つのホールと2つの中庭があります。

アクセス

Yu Kiu Ancestral hall is next to the Tang Ancestral Hall.

7. クンティン・スタディホール

見事な職人芸で仕上げられた1870年代の建物は、祖先を祀る祠や学校としても使用されました。二階建てで中庭があり、繊細な彫刻を施した花崗岩の柱と正面玄関沿いのブロックは注目に値します。特徴的な内装デザインからは、当時の職人たちの高度な技術が感じられます。

アクセス

Follow the signs to the Kun Ting Study Hall and Ching Shu Hin. Enter the Kun Ting Study Hall from the side entrance.

8. チンシューヒン

1874年に学者や著名な訪問者向け宿泊施設として建設された清暑軒(チンシューヒン)には、壁や腕木の彫刻、壁画、透かし窓、石膏模様など、見事な装飾が施されています。これらは裕福な中国人家庭の豪華さや優雅さも物語っています。

アクセス

Ching Shu Hin is next to the Kun Ting Study Hall.

9. ホンシンテンプル

洪聖(ホンシン)は、漁師や海で働く人々に広く信仰されている神です。1767年に鄧氏によって建立されたこの寺院は、屋根のない中庭を囲む二階建てのシンプルな造りになっています。これは、塔香を吊るすために中庭に屋根を設けている香港の多くの寺院と異なる点です。

アクセス

Turn left onto Ping Ha Road, then continue to walk until you reach the Hung Shing Temple, which is next to Hang Mei Tsuen Park.

10. ピンサン・タンクラン・ギャラリー兼ヘリテージトレイル・ビジターセンター

ビジターセンターは、1900年に建てられた旧屏山警察署を改築したもので、新界に残る数少ない戦前の警察署の1つです。1960年代に元朗警察署に引き継がれてからは、香港警察犬部隊の訓練センター兼本部として使用されました。この建物は、第2級歴史建造物に指定されています。

Info
Adderss: Hang Tau Tsuen, Ping Shan, Yuen Long, New Territories
Tel: +852 2617 1959
Website: www.amo.gov.hk

アクセス

Follow the trail to its end after Hung Shing Temple or go straight there via MTR Tin Shui Wai Station Exit E3.

ピンシャン・ヘリテージ・トレイルは、歴史的建築物の管理事務所である古物古蹟辦事處の管轄にあり、上記の注目スポットを見て回ることができます。詳細についてはこちらをクリックしてください。

地図上に表示したいアイコンを選んで下さい:

Cookies

By continuing to use this site, you agree to its use of cookies. Find out more about cookies here.

Accept Cookies