シャーティンの車公廟

シャーティンのタイワイ地域にあるこの寺院には、南宋(1127年~1279年)の武将チェ・クン(車公)がまつられています。チェ・クンは、暴動や天災、疫病などを制圧する圧倒的な力で有名となりました。よく知られている伝説では、チェ・クンは、宋の最後の皇帝がサイクン(今のニューテリトリー)に逃れる際に同行したと言われています。こうした数々の功績により、チェ・クンは神としてあがめられるようになったのです。

この寺院は、シャーティンに広がっていた疫病に歯止めをかけるために約300年前に建立されました。伝説によると、この疫病は、寺院が完成したその日からおさまり始めたそうです。今の寺院の建物は、旧正月の2日に行われる車公祭の際に寺院を訪れる多くの参拝者を収容できるように、1993年に建立されました。

チェ・クンの巨大な像は、本殿中央の祭壇にまつられており、主祭壇の横には、大きな太鼓と鐘があります。その横には、扇風機のような車輪があり、3回転させると願いが叶うと信じられています。入り口の左では、占い師が商売しています。

情報

住所:
Che Kung Miu Road, Tai Wai, New Territories
電話:
+852 2697 2660
ウェブサイト:
www.ctc.org.hk

アクセス

MTR Che Kung Temple Station, Exit B. Turn right and walk along Che Kung Miu Road for about 15 minutes.

地図上に表示したいアイコンを選んで下さい:

Cookies

By continuing to use this site, you agree to its use of cookies. Find out more about cookies here.

Accept Cookies