基本的に、香港を訪れるには予定滞在期間後少なくとも1ヵ月間有効なパスポートが必要です。ただし無国籍者の場合は、入国許可文書の期限が予定滞在期間プラス少なくとも2ヵ月間なければなりません。さらに詳しい情報はイミグレーション・デパートメント(入境事務処)にお問い合わせください。

大多数の国の国民は、観光目的であれば香港入国にビザを必要とせず、ビザなしで滞在できる期間は7~180日と国によって様々です。日本の場合については中国大使館または領事館にお問い合わせ下さい。また、ビザの規定に関する詳細はイミグレーション・デパートメントのホームページでもご覧いただけます。

 

香港特別行政区トラベルパス
これは、ビジネスの目的で香港を頻繁に訪れる方で、かつ有効なパスポートを所持し、ビザまたは入国許可なしで香港に入国する資格を与えられた方を対象に、入国審査手続きを簡略化するものです。

適格要件

  • ―頻繁に香港を訪問する必要性があること
  • ―パス申請までの12ヵ月間に3回以上香港を訪問していること(中国本土、マカオへの立ち寄りを除く)
  • ―あなたの滞在が香港に実質的利益をもたらすとイミグレーション・デパートメントの総責任者によって認められること

パスの所有者は、香港居住者用の簡略な入国審査手続きカウンターを通過することができます。

トラベルパスに関する詳細情報と申請用紙のダウンロードは、イミグレーション・デパートメントのホームページをご確認ください。

 

フリークエント・ビジター・eチャネル
香港に頻繁に訪れる方は現在、ウェブサイトで自分で登録できるeチャネルという便利なサービスを利用することができます。このサービスを利用すれば出入国の手続きが迅速かつ簡素になります。

適格要件:

1. 申請者が18歳以上であること;
2. 有効な旅券、そして必要に応じて数次査証を所持していること;
3. 以下の身分証明書のいずれかを所持していること:香港特別行政区(HKSAR)トラベル・パス;
  • ―裏面に’HKG’と印字されたAPEC・ビジネス・トラベル・カード(ABTC)
  • ―香港国際空港フリークエント・ビジター・カード
  • ―このスキームに参加している航空会社が発行したマイレージ・サービス会員カード(ご自分の航空会社にお尋ねください)
4. 3.で書かれた身分証明書のいずれかも所持していない方の場合:
  • ―香港SAR(特別行政区)に入国するための入国ビザ/許可証を必要としない有効な旅券を所持している;
  • ―eチャネル・サービスで登録する直近の過去12ヶ月で少なくとも3回は香港国際空港経由の飛行機で香港SAR(特別行政区)を訪れたことがある
5. 香港SAR(特別行政区)での不利な記録がないこと

 

登録完了後はフリークエント・ビジター・eチャネルを利用することができます。利用可能な場所はこちらでご確認いただけます。

フリークエント・ビジター・eチャネルの登録に関してはこちらをご確認ください。

Cookies

By continuing to use this site, you agree to its use of cookies. Find out more about cookies here.

Accept Cookies